405035580_94b793e71d_o

予算重視のアムステルダム

Last modified on 6 19th, 2015 at 9:32

12 04, 2014
Alex

旅行や初めて訪れる場所での体験についていえば、人生で最高の経験は無料(またはとても安い)であると信じています。 場所が決まっていて、予約先や予算を抑えるコツもわかっている場合、重要な旅のヒントを準備しておけば、アムステルダムで無料のアクティビティを見つけ、非常に手ごろな料金で現地の文化に浸って楽しむことができます。

オランダの首都についてご存知なのは、にぎやかな石畳の通り、美しい運河、魅惑的な装飾や秘密の楽しみかもしれませんが、どれだけ貴重な価値があるか、知る機会がなかったかもしれません。

アムステルダムに訪れる理由が、週末に市内を離れて余暇を過ごすため、ヨーロッパ旅行のパッケージに含まれているから、あるいは長期滞在する場合でも、アムステルダムを言い表すには褒め言葉ばかりで、「退屈」という言葉は決して当てはまりません。

アムステルダムを無料で過ごすには

ウォーキングやサイクリング

6559973135_b5f8908fa3_b

地図からは、アムステルダムの中心部が、歴史的遺産とされる建造物、隠れた庭園、奇妙なショップなど、約 400 年前に建てられた、同心円状のU字形の、運河で構成されたコンパクトな迷路であることがわかります。 オランダの首都のくっきりとしたスケルトン構造と、ボートや荷船が並ぶ運河のほとりは美しい公共の舗道です。一風変わったお店やバーが点在し、徒歩や自転車で探索するのに適しています。

散歩はお金のかからない楽しいアクティビティの一つです。 この街では車は喜ばれませんが、自転車で街を巡るのは本格的かつ安価であり、オランダのエコ・スピリットを反映するものです。自転車はレンタルし、アムステルダムホステルに保管することができます。HI 会員はレンタルサイクルで 10% 割引を受けることができます。

本格的にアムステルダムの現地住人のように自転車に乗ることを楽しみたいのであれば、歩道には乗ってはいけません。右側を通り、ベルは鳴らさないようにしてください。

ベルについては冗談ですが、常に顔を上げ、自転車用の道を歩いている無防備な歩行者に注意しましょう。

ステイオーケー・アムステルダムゼーバーグでの宿泊

予算重視のボート乗り

8520711603_433c66cf8c_b

セントニコラスボートクラブは、古いボートや荷船を保存する慈善団体です。無料の試乗を提供しています。

庭園とギャラリー

4151159388_1fe2d2f325_b

Image credit: Bert Kaufmann

美術品、アンティーク、屋外のリラックススペースへは、予算がない場合でもご利用いただけます。 アムステルダム国立美術館の正面玄関に続くスピーゲル通りは、オランダの芸術家が週末に各スタジオで展示会を行う際に、年に数回幅広く現代アートの展示を行います。 スパイ広場の裏に面したところに、ブヒヤンホフコングレスがあります。14 世紀コテージに囲まれた静かな芝生の中庭はオアシスのようです。 市内の中心部にあるフォンデル公園にはアムステルダムホステルの一つがあり、無料のコンサートが開催され、市内の若者がキャンプしたり、日中にピクニックを楽しみ、ワインをいただいたりする場所として人気があります。

ステイオーケー・アムステルダムボンデルパークでの宿泊

無料のフェスティバル

キングズデー、ゲイプライド、アウトマルクト、アムステルダム遺産デイズ、国立風車デー、国立博物館ウィークエンド、運河フェスティバル、アムステルダムライトフェスティバルなど、無料のアムステルダムのお祭りをチェックしておきましょう。

予算をやりくりするコツ

405035580_94b793e71d_o

Image credit: ethan lindsey

秘密のショッピング通り

ショッピング通りの端から続く、あまり知られていないサイドストリートは、限られた予算でアムステルダムを見て回るのに完璧な、掘り出し物や未開のブティックを探すにはお勧めの場所です。 ナインレーンにはハンドメイドの石鹸ショップ、眼鏡や歯ブラシや店の博物館があります。 かつて見放され荒廃したヨルダンは改築され、タパスバーや多種多様な飲食店で構成されています。

アイアムステルダムカード

4246304633_3c6fa8dcf1_b

アムステルダムで無料のアクティビティをお探しの場合、ゴシックアムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館、アンネフランクの家など、アムステルダムで最も規模の大きい博物館は有料ですが、アイアムステルダムカードを購入するとかなりお得な料金で入場できます。 24時間、48時間または72時間有効なので、いくつかの主な美術館を巡る場合は節約できますし、ホップオン・ホップオフ運河ボートや、公共交通機関のアクセスは無制限です。

 

安い飲食店

MKXに行き、近隣の人たちによって調理された5ユーロで3コースのベーガン料理を食べましょう。 グリーンバタフライ・カフェは、生粋のアムステルダムのカフェです。常に日替わりスペシャルを提供しています。 ウィーバウト通りにあるハルトフの全粒粉ベーカリーでは、焼きたてのパンを提供しています。

一風変わった文化スポット

2883120674_5f0098ea03_b

Photo credit: Evan Jackson

新石器時代から伝わるブランド工芸品は、果てしなく続くガラスのキャビネットなど、美術館の伝統的コンセプトを、無料または安価で鑑賞できます。 バッグと財布の博物館、ウオッカ博物館の他、アムステルダムのエロティック博物館やヘンプ博物館は外せません。街には不可欠の、記憶にとどまる街の個性を展示しています。

市内で最も古い運河の 1 つに位置し、有名なレッドライト地区の近くにある、アムステルダムホステル、ステイオーケー・アムステルダムスタッズドゥーレンの滞在をお勧めします。

10ユーロから宿泊可能なアムステルダムホステルで大幅に節約

アムステルダムの中心部の宿泊施設は数が少ないため、価格も高くなります。 ラッキーなことに、アムステルダム中心部には、滞在中もお財布にやさしい、快適な施設が整った品質の高いアムステルダムホステルがいくつかあります。 「Genieten!」 (お楽しみください)

パリ旅行の予算トリックを学びたいですか? ここをクリックしてください。

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HI Newsletter

Don't miss out on great deals, discounts and travel tips. Create an account today and sign up for the monthly HI Newsletter.

Create an account